nifis 日本福祉医療専門学校

nifisのサイトへ

2013年03月29日

nifis卒業式&卒業記念パーティー2013A

それでは卒業記念パーティーの様子をご紹介しましょう。

aDSCN4906.JPG aDSCN4907.JPG

出し物は
@ 幼児教育専攻科
「幼専バンドAKB26★」

まず科のモットーを記した看板が登場
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
A:明日やろう
K:今度やろう
  は
B:馬鹿やろう
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
と書かれています。
この科ではこれを心に深く刻んで1年間レポート、スクーリングに励んできました。

aIMG_9151.JPG

バンド演奏は「Give me five」
女性のキーボード、ドラムスもあり、かっこいい!!

aIMG_9152.JPG aDSCN4918.JPG

A 社会福祉研究科
「1年間ありがとう」のスライドを流し、先生への感謝をのべました。
スライドに書かれた文字は
「チャンスは貯蓄できない」
「太陽が輝く限り、希望もまた輝く」
・・・
こころにひびくことばがたくさんありました。

aDSCN4936.JPG aDSCN4946.JPG aDSCN4945.JPG

B 介護福祉学科2年1組&2組
「先生方へ贈ることば」です。
いれかわりたちかわり、呼びかけ方式で、2年間の感想とお礼のことばを述べました。
ひとりが出て「現実を知ってしまった・・・」
次の人が「施設実習」とつけます。(ドキッとさせる表現でした。)

学生たちとの2年間を思い、先生2人は感慨ひとしおのようすでしたハートたち(複数ハート)

aDSCN4948.JPG aIMG_9158.JPG aIMG_9159.JPG

パーティーはまだまだ続きます。
お楽しみに次項有
posted by nifis blog at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月26日

nifis卒業式&卒業記念パーティー2013@

去る3月19日第27回卒業式がホテルオークラで行われました。

おだやかな晴れに恵まれ、盛装に身をかためた卒業生たちが、登場しました。

aIMG_9104.JPG asIMG_2810.JPG

高野校長のことば
イソップ物語から (話中のロードス島とはギリシャの島です。)
ある古代競技の選手が遠征から帰ってきて自慢話をした。
「ロードス島では誰よりも高く、誰よりも遠くにジャンプした。ロードス島に行ったら見せてやる。」
それに対してある人が「ここがロードス島だ。ここで跳べ!」

だれでも「他のところだったらもっと理想的な仕事ができる。」と思うことになるだろう。
でも、現に困っている高齢者、障がい者、こどもたちの世話ができなければ何の意味もない。
「今ここで跳ぶ」ことが重要です。

asIMG_2823.JPG

来賓の川又新潟大学名誉教授の祝辞
社会人としてのルールを守り、職場に慣れる。
職場に慣れたらそこで自分を見つめ直して、日々前進。自分の生き方が見出せるようにする。

asIMG_2827.JPG

卒業生代表のことばはこども保育学科の町田さんでした。
〜 私は、この学校で人を思いやり支えあう大切さを知りました。
 卒業に当たって、二年間で学んだ知識、技術を生かし、多くの人と信頼関係を築いていけるよう日々努力していきたいと思います〜

asIMG_2835.JPG

卒業生は拍手に送られて会場をあとにしましたぴかぴか(新しい)

asIMG_2843.JPG

パーティーシーンについては次回以降ご報告いたします。お楽しみにグッド(上向き矢印)
posted by nifis blog at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月25日

こども保育学科2年生 特別授業

こども保育2年と介護2年は3月19日めでたく卒業式をむかえました。
〜卒業式についてはこのあと、ご報告いたします〜

さて先日の授業風景です。
保育の2年生と、2日間特別授業を行いました。
初日の午前は「コラージュ」体験。
雑誌などから好きなものを切り取り、それを画用紙に好きなように貼り付けます。
単なる遊びではなく、カウンセリングで治療として用いることもあるコラージュ。
これを、皆さんで実際に行い、その後自分の作品を振り返ってもらいました。
作業中は、真剣そのもの

aIMG_9084.JPG

個性溢れる作品が出来あがりました。

午後は事例を用いて、グループで対応を検討する授業。
どんな状況にあって、どんな問題に苦しんでいるか考えて、対応を話し合います。
何を最終目標にすればいいのか、どのグループも悩んでいたようでした。

2日目は、前日に続きグループでの事例検討。
しかし、この日の事例は面接内容も含んだ長いもの。
それぞれ、どんな問題を抱え、どんな流れで面接が進むか考え、相談をする側と受ける側のセリフも考え、ロールプレイをしてもらいました。
模擬面接を録画し、最後は全員で内容を検討し、終了です。

aIMG_9090.JPG

ながーい2日間でした。みなさん、お疲れ様でした手(チョキ)
posted by nifis blog at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月21日

介護2年「新春寄席」第4弾

介護2年、保育2年は3月19日めでたく卒業式を迎えました。〜卒業式についてはこのあとでご報告します〜

大変遅くなりましたが、介護2年「新春寄席」の第4弾です。

介護福祉士を取得した学生たちは就職や進学に向け、これから頑張っていくことでしょう。
今、介護福祉士には、サービス利用者に対しての技術的支援はもちろんですが、心のケアや生活をより豊かにできる専門性も求められています。

そこで、nifisでは、表現活動として「落語・漫才・マジック」を学びました。

その成果を、去る2月21日(木)新潟市西蒲区にある「小規模多機能型居宅介護 七浦の里」で披露してきました。(第4グループ出演)

◆マジック くらくらトレビ
トランプマジック

aP1010347.JPG aP1010350.JPG

敷物の下に隠したコインを手で触って確認中!

aP1010343.JPG

タネがバレてしまいましたが、「へぇ〜」と関心する声も聞こえました

◆コント はるな・みゆき
コンビニの店長とアルバイトの面接
面接に来た人を万引き犯と間違え・・・

aP1010353.JPG

◆落語 新川屋 明流毘(あるび)
「時そば」を流暢に演じました。落語らしくビシッと着物を身につけました。

aP1010355.JPG

◆落語 新川屋 ひすい
「寿限無」を表情たっぷりと演じました。

aP1010358.JPG

溢れんばかりの拍手をもらいました。
学生にとって利用者の笑顔は最高のご褒美となったようです。
七浦の里の皆様、ありがとうございましたかわいい

実は・・・
この記事が新潟日報に掲載されました。
2月26日(火)朝刊にて

aa4yose.jpg
posted by nifis blog at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月18日

卒業式前日

いよいよ明日は卒業式!
卒業生のクラスの黒板にこんな寄せ書き!をみつけました。

aDSCN4861.JPG aDSCN4862.JPG

端っこにあった誰かのこんなことば!

上手に笑えなくても
上手に泣けなくても
あなたはあなた。
自分で自分を捨てないで。
あなたのままで大丈夫。

aDSCN4863.JPG

本当になごり惜しいですね揺れるハート
posted by nifis blog at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月14日

介護2年「新春寄席」第3弾

去る2月21日(木)介護2年生は「初笑い・新春寄席」の活動で、「はあとふるあたごデイサービスセンター柳都大橋」にお伺いしました。

披露したのは、マジック、小話、落語、それに指導いただいていた清水先生の笛吹き漫談です。

かめれおんずのふたり
消えるコインや、はさみで切っても切れない一万円札にみなさんびっくり!
本物のお札が切れてしまうのではないかと、ハラハラしました。
見事、成功!よかったあ〜!

aDSCN4772.JPG aDSCN4776.JPG

山田・池田のふたり
楽しい小話にはとっても暖かい拍手。ありがとうございました!

aDSCN4787.JPG aDSCN4790.JPG

堂々たる新川家柳人の袴姿。
(ちょっぴり正座が、きつかったですね)

aDSCN4794.JPG aDSCN4798.JPG

最後は全員が一つの輪になりました。
利用者さんは手にお手玉をひとつずつ持っていて、手をあわせて右隣の人にまわします。
「あ〜わせて ポン!」お手玉が一人分動きました。

aDSCN4814.JPG aDSCN4826.JPG

デイサービス利用の皆様、職員の皆様の暖かい応援により、緊張の中頑張ることが出来ましたひらめき
posted by nifis blog at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月13日

介護2年「新春寄席」第2弾

皆さんこんにちは、介護福祉学科の斎藤です。
介護福祉学科では、2/21(木)地域の社会福祉施設へのボランティア活動の一環として、また日頃の学習成果の発表として、新潟市内のいくつかの施設に訪問してきました。
 私は介護福祉学科2年生のうちの4名とともに西区の「黒崎荘」に行ってまいりました。

 黒崎荘は、高齢者デイサービスと地域住民の方の入浴施設が併設されている施設で、この日も大変多くの方が利用されていました。
 
 14時からの発表は、「まろまろ姉妹」こと石井、平野による踊りからスタートしました。

a100_0492.JPG a20130221_140543.jpg

「8時だよ!全員集合!!」のBGMにあわせてバルーンアートを披露し、デイサービスの利用者の皆さんへプレゼント。みなさん笑顔で受け取ってくださいました。

a20130221_140706.jpg

続いては、「新川屋俊吉」ことメガネ男子吉田の小噺。

a20130221_141134.jpg

彼の発表、話し方、大変上手で会場はし〜んと静まり返り、皆さん真剣に聞き入っていました。

a20130221_141221.jpg

「鶴の恩返し」をもじった彼の小噺は、衝撃的なオチがつき、利用者の皆さんに大ウケ。

そしてこの日のトリは、「新川家おかめ」こと宗村の小噺。

a20130221_141624.jpg

これは結構長いお話でしたが、宗村さん、最後までがんばって素敵な笑顔で発表を終えました。

更にカラオケまで披露してくれて、利用者さんも大喜び!!

a20130221_144647.jpg

小さい失敗もいくつかあり、次回への課題となりましたが、利用者さんと職員さんのあたたかい応援のおかげで無事にこの日の発表を終えることができましたカラオケ
黒崎荘の皆さん、本当にお世話になりました。
来年度、是非またお伺いしたいと思います!!
posted by nifis blog at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月11日

3.11より2年

東日本大震災より2年がたちました。
あの日のことが思われます。
いまだに苦しんでおられる方も多いでしょう。
いつまでもこのことを心におき、共に歩んで行きたいと思います。
日本福祉医療専門学校一同
posted by nifis blog at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月07日

手づくり紙芝居を楽しもう!

 こどものことばを豊かに育むための教材として、保育園や幼稚園でよく使われているのが紙芝居です。こどもの頃に読んでもらった記憶のある人も多いのではないでしょうか。
 今回はそれを手づくりしてみました。お話も絵も自分たちで考えます。遠くからでもよく見えるよう、はっきりした輪郭と形で、リズムの心地良いことばで作ることをを心がけます。
 今日はその発表です。ちゃんと紙芝居の舞台を使って演じました。

aDSCN4845.JPG aDSCN4848.JPG aDSCN4846.JPG

 心がほっこりするような話あり、げらげら笑いの起こる話あり、絵がへたうまなのも「手づくりの味」です。折り紙を貼って作ったものや、しかけのある作品もありました。

aDSCN4847.JPG aDSCN4856.JPG aDSCN4858.JPG

 またひとつ保育の引き出しが増えましたね。実習で、現場で役立ててくださいアート
posted by nifis blog at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月05日

介護2年「新春寄席」第1弾

今日は二十四節季の「啓蟄」だそうです。虫たちが地中から這い出る日とされています。春らしくなってきました。
 
 さて、2月21日、介護福祉学科2年生の「新春寄席」が本校の他、七浦の里・黒埼荘・ハートフルあたご柳都大橋の3施設で開かれました。
「表現活動」の授業として、お茶や着物等日本文化、接遇・マナー等を学び合わせながら、落語・漫才・コント・マジック等の演目の練習を重ねてきた成果発表です。

 本日は、本校での発表風景についてお話しましょう。
 最初のステージに立ったのは、年の離れた仲良しマジック姉妹・・サイエンス・シスターズ。種も仕掛けもない「科学力」を利用したマジックを披露しました。
 「げんきですかい」はじめ、見においでいただいた地域の方の中には、種を知っている方もいて、サイエンス・シスターズは緊張気味。1芸ごとに会場は、暖かい声援で大盛り上がりでした。

aIMG_9053.JPG

 次はめがね男子のコント・・・風変わりな男と占い師との軽妙なテンポのトークに見る見る会場が引き込まれていきました。

aIMG_9065.JPG

 トリは新川家一ノ進のおなじみ落語「初天神」。袷を着流し、出囃子に乗って高座に上がる様に、実に堂々たる咄家の風格を感じました。

aIMG_9076.JPG

 寄席のお開き後には、来訪された方と茶話会。この学年は、「げんきですかい」の定例会にも伺ったことがあるせいか、実に自然に皆さんと会話を弾ませていました。

aIMG_9081.JPG

 足元のお悪い中、足をお運びくださった皆様に、心からお礼申しあげます。
ありがとうございました黒ハート
posted by nifis blog at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月04日

こども保育2年「創作発表会」2013年1月30日その7

こんにちは!大塚です!
創作発表会報告のおまけとして、ふりかえりシートより抜粋、“学生の成長の証”をいくつかご紹介させていただきます。

☆今まで以上に周りに目を配って気を配って動けるようになりました。
☆子どもたちが真剣に見てくれたり、笑ってくれたり、拍手をくれたりして、今まで頑張ってきてよかったと思いました。
☆今回のこの経験を生かして社会に出ても人と人とが関わるチームワークを大切に仕事をしていきたいと思います。
☆多人数で活動すると様々な考えがぶつかる。嫌な面も見えてくる。それを陰で文句を言っていても何も解決しない。この活動を通して相談し合い、前へ進む努力をして問題を解決していくことの大切さを学びました。
☆全員の気持ちが一つになり、良い作品にしようと仲間たちの息づかいに耳を傾け、神経を集中させた時間は最高の時間でした。
☆一つの目標に向かって皆で努力することで、信頼のある人間関係が築けていけるということを学びました。
☆「誰かがやってくれるだろう」ではなく、「自分でやろう」が大切!
☆「協力しあう」口にすることは簡単。実行することは難しかったです。
☆個人では味わうことのできない大きな達成感と感動は2年間一緒に学んだ仲間たちだからこそできたことだと思います。

aDSCN4629.JPG aDSCN4731.JPG aDSCN4741.JPG

こども保育学科2年生のみなさん
たくさんの感動をありがとうございました揺れるハート
=完=
posted by nifis blog at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月01日

ニフィスの掲示板は3月2013

3月1日です。
今日は曇りですが、空は明るくなって温かいです。

さてニフィスの掲示板は3月もよう、ひな祭りです。

aIMG_9050.JPG

こども保育学科1年生が作りました。
おひな様の台はトランプもようのように飾り付けてあって、目新しいですね。
ぼんぼりの色がほんのり見えるように工夫してあります。

学生たちは春休みまたは実習中で学校内は静かになっています。
充実した生活を送り、成果を持って学校に戻ってくるように期待していますよひらめき
posted by nifis blog at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月26日

「医学概論」でリレー・トーク〜介護1年自らの言葉で「死」について語る〜

 介護現場で専門職の誰もが体験する「死」。
人間のフアィナルステージである「死」を尊厳あるものとするため「看取り」は近年、重要な支援内容として注目されるようになってきています。

 「人の死」の持つ意味やその捉え方について、学生一人ひとりが深く考え「人の生」を見つめなおすことを目的に、「医学概論」(介護福祉学科1年生)の授業でリレー・トークが行われました。学生たちは、「死」について書かれた本を読み、「死」についての自分の考えを、全員が自身の言葉で語りました。

 介護福祉学科1年1組のK君は、「人はいつ死に直面するかわかりません。私たちが生きている時間は、2度と来ない貴重な時間であるからこそ、日々を悔いなく生きることが大切だと思います。そして、生きるとは自分ひとりで生きることではありません。家族や友人等、出会った人たちとの関りを大切にして楽しく自分らしく生きていきたいと思います。」と自分の思いを表現していました。

aIMG_9022.JPG aIMG_9013.JPG

 「死」を意識した時、人はその対極にある「生」を強く意識するとされます。
そして、「生きてきた過程」をなぞり、「生きることの意味」を問い返すことが多くの書物に見られます。
 介護の専門職の卵たちが、今、ここで「死」について考えることは、自らの「生」をふりかえることになり、「高齢者観」を研ぎ澄ます貴重な授業だったと感じました黒ハート          
(取材、介護福祉学科1年担任 星 恵美子)
posted by nifis blog at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月25日

こども保育2年「創作発表会」2013年1月30日その6

こんにちは!大塚です。
今日朝の最低気温は-3.8度とか、寒い日が続きます。

さて、創作発表会のご報告は今回の第6弾で最終となります!!

プログラム4番「西遊記」です。
三蔵法師、孫悟空、ちょはっかい、沙悟じょうの面々が天竺を目指して旅をする途中、悪者どもと戦い、無事に天竺にたどり着く冒険活劇です!!

aIMG_8915.JPG aDSCN4698.JPG aIMG_8792.JPG

aDSCN4702.JPG aDSCN4717.JPG

最後までたくさんの拍手と笑顔と、そして私たちに元気をくれた園児さんたちのお見送りです。
お礼に手作りの「動物キーホルダー」をプレゼントしました。そして2年生全員のアーチをくぐりぬけ、お帰りとなります!短い時間でしたが、園児さんとふれあい、仲良くなれてとっても充実した会になりましたカラオケ
“内野保育園”“鎧郷保育園”のみなさんありがとうございました。そしてこども保育学科2年生のみなさん、お疲れさまでしたかわいい

aDSCN4719.JPG aDSCN4728.JPG

aDSCN4736.JPG aDSCN4746.JPG
posted by nifis blog at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月21日

学習成果発表 介護福祉学科1年生ロールプレイング

今日は一段と寒い日、道は凍っています。でも、ちょっと日が差してきました。

 さて、先日、介護福祉学科2年生の卒業論文発表会に便乗して、1年生が行ったのが、「コミュニケーション技術T」の成果発表です。

 この発表は昨年11月のディサービスでの体験を、介護の本質・援助者の専門性・利用者のニーズ等をキーワードに、ロールプレイングの手法を用い「コミュニケーション」という切り口から考察することを目的としたものです。
 この発表には、2年次の「表現活動」前半での創作演劇発表の準備としての位置づけもあります。
 
 大変タイトななかでの発表でしたが、7グループに分かれた学生たちは、シナリオ作りや稽古に努力を重ね、発表にこぎつけました。
 演目は、「認知症の心の叫び」「できなくなるということ」「私たちの仕事」「心を開いて」「Sさんと僕」「あきらめないで!」「返事は大切!」の7本。(ただし、「返事は大切」のみ、メンバーがインフルエンザになり、発表の繰り延べとなりました。)
 
 2年生、介護基礎研修科生、そして、教員の前での発表に、「ドキドキする・・。」と緊張していた学生たちですが、観客席の反応をしっかりと受け止めながら演ずる様はなかなかの役者ぶり・・・。日頃からは想像もつかないような一面を見せた学生も多く、あらためて演劇のもつ威力を実感しました。演じ終わった学生たち一人ひとりの自信に満ちた笑顔が印象的でした。

aDSCN4756.JPG aDSCN4760.JPG aDSCN4762.JPG

 ゲストの「医学概論」担当牧野先生から、「とても楽しそうでした。作品には、介護の現状や援助者の視点、コミュニケーション技術等、学習した内容が総合的に盛り込まれていたと思います。」との講評をいただきました。
 観客全員から10段階での評価と感想を頂きましたが、心温まる励ましや忌憚のない意見が寄せられ、自分たちの発表を見直すすばらしいデーターとなりました本

 牧野先生はじめご覧いただいた皆様、本当にありがとうございましたグッド(上向き矢印)
posted by nifis blog at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月19日

介護福祉学科2年 卒業研究発表2013

今日は寒いですが、晴れ間もあります。

さて、先日、2年間の学習のまとめとして、4〜5人のグループで卒業研究発表を行いました。
スーツを身にまとい、研究発表らしい環境で緊張感UP!!
聴講者は介護福祉学科1年生と介護基礎研修科の学生です。

aIMG_8996.JPG

卒業研究のテーマを発表します。
@ 介護施設利用者の職員に対する性的行為について
A 支援する際の学生と職員の意識の違い
B 老化と健康維持〜介護予防の必要性とは〜
C 女性利用者にとっての化粧の必要性
D 施設選択の基準についての調査および実態について

どの研究も興味のあるテーマです。

テーマと結果・結論の整合性や、研究の目的が解決されているか、などの評価基準で、最優秀賞と優秀賞を聴講者より投票してもらいました。

★最優秀賞は「老化と健康維持〜介護予防の必要性とは〜」
 授業で学んだ『100歳前後の高齢者たちが元気で生き生きと生活している事実』があることについて、老化と健康維持の関係性を明らかにして介護支援の在り方をまとめたものでした。研究発表中、生き生きと生活している高齢者をスーパー高齢者と呼び、「日々ワンパターンな生活を送っている施設利用者には、刺激を与える支援が大切である。人との交流やコミュニケーションを増やし、日常生活動作の維持に加えて自分の楽しみや目的を持って生活するように導く。これが健康長寿になる秘訣である」と、まとめました。

aIMG_9000.JPG

★優秀賞は「女性利用者にとっての化粧の必要性」
 実習中に目にした女性利用者の化粧時や整容時の喜びの変化について、化粧が女性高齢者の心身に与える影響やまたその必要性を考察し、「一人の女性としての尊厳や生き生きとした生活を実現すること、筋力向上・拘縮予防・社会的繋がり等、ADL・QOL両面の向上のためにも化粧行為は有効に活用できる。さらに日常生活にメリハリをつけ、女性であることを意識でき、存在価値を見いだせる」ことがわかりました。

aIMG_9004.JPG

 聴講者から質問もたくさんもらい、どのグループも2年間の学びを考察することができました。今後の介護福祉士としての活躍が期待できる内容だったと思いますひらめき
posted by nifis blog at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月18日

こども保育2年「創作発表会」2013年1月30日その5

こんにちは!大塚です。

今日は二十四節気のひとつ「雨水」です。雪が雨に変わるころといわれています。
ひな人形をならべ始める日だそうです。
ここでは暦どおり雨です。相変わらず寒いですが、季節はまちがいなく進んでいるのですね。

さて創作発表会はいよいよ大詰め、第5弾です。

プログラム3番「へっこきよめ」です。
「へ」の力で困っている人たちを次々と助け、ごほうびをたくさんいただき、家族がいつまでも幸せに暮らしたというユーモアたっぷりのお話ですわーい(嬉しい顔) 話のまんなかは人形劇を併用しています。

aIMG_8900.JPG aDSCN4657.JPG aDSCN4665.JPG

aDSCN4668.JPG aIMG_8901.JPG

高橋さんによるバイオリン演奏です!
♪「線路はつづくよどこまでも」「ミッキーマウスマーチ&小さな世界」♪を演奏してくれました。
園児さんは美しい音色に耳を傾けながら、演奏といっしょに楽しそうに歌っていました音楽

aDSCN4679.JPG

それでは次は最終回となります。楽しみにしていてくださいね。
posted by nifis blog at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月15日

介護2年「初笑い・新春寄席」ご案内

今年の冬は今のところ雪が少なく楽ですね・・・。とはいうもののやはり、春が待ち遠しいです。

 さて、本校介護福祉学科2年生もいよいよ卒業間近、「表現活動」の授業では、これまでの学習の総まとめとして「初笑い・新春寄席」を開きます。
 
 落語・漫才・コント・マジック・・・、学生たちは2月21日(木)の本番に向けて猛練習中。この指導にあたったのが、にいがたお笑い事業団理事の清水勝先生。そのにこやかな表情が人気ですが・・・本番近くなりさすが芸人、やさしい口調にも厳しさがうかがえます。
 また、この企画に向けて、茶・着物等の日本文化に触れながら、所作や着付けをお教えくださったのが、文化庁特命日本文化普及員、臼井イエ先生とその御一門のボランティアさんたち。

 両先生のお心に報いるためにも、これまで培ったコミュニケーションスキルを活かし、観客の皆さまに存分にお楽しみいただけるよう練習に力を尽くしてまいります。
 ちなみに寄席は以下4会場で行われます。開催日はいずれも2月21日(木)です。
開始時刻が異なる会場がありますのでご注意ください。
 
☆七浦の里(越前浜にある高齢者小規模多機能施設) 14:00から15:00
☆黒埼荘 (老人いこいの家) 14:00から15:00
☆はーとふるあたご柳都大橋(トキメッセ近くディサービス) ※14:30から15:30 こちらだけ開始時刻が異なります。
☆本校 14:00から15:00

どうぞ皆様、ご近所お誘いあわせの上、足をお運びくださいますようハートたち(複数ハート)

a1-yose.JPG
a2-yose.JPG
posted by nifis blog at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月14日

バレンタイン&こども保育2年調理第2弾ちらし寿し

今日はバレンタイン日和です。といいたいところでしたが、少し曇ってきました。
おだやかな日です。
色々な気持ちのこもったチョコがとびかうことでしょう。
心からの愛がかないますように揺れるハート

さて先日こども保育2年の調理実習におじゃましました。(2013.01.15のブログ参照)
今回はこども保育2年のもう一方のクラスの調理実習を見学しました。
調理実習の最後の授業でちらし寿しを作るそうです。

まず食育のための媒体発表です。
これは保育士として、こどもたちに食育(食の教育)をするときに使う、紙芝居、絵本、などを作ってきて、発表するものです。
今回の発表では、ダンボールでリスくんのからだを作り、「リスくん、にんじん食べれるかな?」と口ににんじんをいれると、アララ、口の中まではいっていく・・・という工夫がよかったです。

aIMG_8923.JPG

さて、今回の献立は行事食として、
ちらし寿し
花麩のすまし
みかんゼリー です。

最初、先生の説明です。

今回下準備でなべを多く使います。なべをどんどん洗って次に使う。火の口も両方上手に使うことがポイントです。
すしめしはごはんをボールに移し、ご飯を切るようにして、合わせ酢をまぜます。

先生があらかじめ大なべにだしを取ってあります。
この1番だしをすましに使い、2番だしは寿しの具を煮るときのだしに使います。

aIMG_8916.JPG

みかん缶詰はみかんと汁を別にして、寒天は1g強です。寒天は沸騰させなければならないので、みかんの汁を入れてしっかり煮溶かします。

説明が終わり、いよいよ実習です。
野菜きざみです。

aIMG_8948.JPG

みかんをゼリー型にいれて、

aIMG_8945.JPG

先生が薄焼き卵のやりかたをみせています。
箸を入れてまわしながら、フライパンからはがして、もちあげます。

aIMG_8951.JPG aIMG_8954.JPG

一生懸命おすしの具を煮ています。

aIMG_8957.JPG

「あっ、なんだかもちがこげたようなにおいだ!ごはんだ!」の声あり。
ごはんを少し焦がしてしまった班もありましたが、こげてないところで、無事すし飯をつくることができました。(おこげはおにぎりにすると最高ですよね。)

ごはんをボールにあけて、寿し酢を混ぜます。
次に寿しの具を混ぜます。

aIMG_8969.JPG

そしてできあがり!

aIMG_8975.JPG aIMG_8976.JPG aIMG_8978.JPG

私もごちそうになりました。
ちらし寿しは本格的な味がしました。澄まし汁はだしがよくきいておいしかったです。

学生たちは先生の実習が今回で終わりなので、名残惜しく先生を囲んで記念写真をとる一幕もありました。

学生のみなさんには、実習したことを将来のお仕事に生かして行ってもらいたいものですかわいい
posted by nifis blog at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月12日

こども保育2年「創作発表会」2013年1月30日その4

こんにちは!大塚です。
雪は降っていませんが冷たい日です。
3連休も終了、バレンタインディも近づくころとなりました。ソワソワ・・・。

それでは創作発表会第4弾です。
プログラム2番は「オズの魔法使い」です!
ドロシーが竜巻にとばされて行き着いたところは・・・?
そこで出あった“かかし”、“きこり”、“ライオン”たちと力を合わせて問題を解決していく冒険劇を発表してくれました。

aIMG_8758.JPG aDSCN4612.JPG aIMG_8854.JPG

aIMG_8856.JPG aDSCN4616.JPG

ここで第1部は終了手(パー)

第1部が終了した後、園児さんたちは“あそびのひろば”で身体を使って思い切り遊びました!!
“あそびのひろば”は第1弾をご覧ください(2013.01.31のブログ)
そしておやつタイムです。ヤクルトにおせんべい、ゼリーのチョコレートにあめ(豪華でしょ☆)のおやつをみんな残さず食べてくれました。おりこうさんです黒ハート

aIMG_8884.JPG aDSCN4626.JPG

第2部のスタートです。
第2部は2-Aの皆さんの歌「みんなともだち」からはじまりました。
春から小学校へ入学する園児さんの心に響く応援ソングとなりました。

aIMG_8888.JPG aIMG_8887.JPG

渡辺さんによるエプロンシアター「ばいきんなんかにまけないぞ」です。
「手洗い・うがいをしっかりとして、ばいきんをみんなでやっつけましょう!」そんなメッセージをこめて発表してくれました。

aIMG_8893.JPG

まだまだ続きますよ。お楽しみにグッド(上向き矢印)
posted by nifis blog at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記