nifis 日本福祉医療専門学校

nifisのサイトへ

2008年07月25日

7月23、24日介護2年生の施設見学

介護福祉学科の渡辺です手(チョキ)
連日暑い日が続いていますが、皆さん体調など崩していないでしょうかふらふら

さてそんな猛暑の中、7月23、24日と介護福祉学科の2年生が江南区にある施設を見学してきましたバス

まず最初は「中央福祉相談センター」です。
 ここは中央児童相談所、中央身体障害者更生相談所、中央知的障害者更生相談所、女性福祉相談所があり、児童から障害のある人、女性まで専門のスタッフがライフステージに応じた様々な相談に応じてくれる施設です揺れるハート
 主なものとしては、児童虐待、不登校、引きこもり、DV(ドメスティックバイオレンス)、身体障害者手帳等に関するものがあるそうです決定

aIMG_3100.JPG
中央福祉相談センター全景

 次に「新潟ふれ愛プラザ」に移動します。この建物は段差が無く、廊下には点字ブロック、廊下・階段には手すりと点字表示があり、バリアフリーな建物です車椅子
 ここにはさまざまな施設が入っていて、そのうちの3つを見学してきました。

aIMG_3097.JPG
ふれ愛プラザ入口

 まず最初に「新潟県障害者交流センター」を見学です。
 ここは障害のある人とない人が仲間作りなどの交流をし、明るくいきいきと生活できるようにわーい(嬉しい顔) 温水プールや体育館、リハビリトレーニング室などがあり、障害者の方とその支援者は無料で利用することができるのだそうです無料

aIMG_3105.JPG  aIMG_3113.JPG
リハビリトレーニング室      室内プール

 次に、「新潟県点字図書館」です。
 ここは、視覚障害者に対して、点字図書や、CDやカセットに本の朗読をした録音図書などの製作、貸し出しなどを行っていて、ちょうど、スタジオでの録音作業音楽 を見ることができました。
 見学に行った2年生も今まさに点字を授業で習っていて、絵本の点字訳を作成中です。完成したものは毎年同図書館に寄贈していますプレゼント

aIMG_3121.JPG
図書館内の点字図書

 最後に「新潟県聴覚障害者情報センター」です。
 ここは聴覚障害者に対して、情報や円滑なコミュニケーションを提供するための援助や、字幕(手話)入りビデオの製作・貸し出しや、各種生活相談などを行っているところです映画
 今回見学の学生のために皆さんもご存知「ごくせん」が字幕入りで流れていましたるんるん

aIMG_3124.JPG
字幕入り「ごくせん」ビデオ

 今回の見学で高齢者以外の「福祉」を実際に見て、触れて、知る、とてもよい機会になったと思いますひらめき
posted by nifis blog at 13:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17302099
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Pilates初心者情報
Excerpt: 第一次大戦時に病院で看護師として働き、その知識を生かし負傷兵のリハビリトレーニングとして、ドイツ人のJoseph.H.Pilates氏により考案されたリハビリ用プログラムです。1926年Pilates..
Weblog: ピラティスPilates初心者
Tracked: 2009-01-01 14:01