nifis 日本福祉医療専門学校

nifisのサイトへ

2012年05月29日

【全学スポーツ大会を実施しました♪】

こんにちは。暑くなったり寒くなったりしていますが、体調崩していませんか?

先日nifisでは全学スポーツ大会が行われました。
各クラスの代表学生で構成された実行委員が少ない時間の中で準備に奔走してくれたんですよ〜

当日の実行委員です♪

aIMG_6116.JPG

当日はバレーボール・ドッジボール・大縄とびでアツいバトルが繰り広げられました。今年はそれぞれ男女混合チームで行ったので、nifis特別ルールでのバトルです。
どのチームもチームワークを発揮していました。選手よりもアツいのはそれぞれのチームの応援です。大歓声の応援を背に、選手は勝利を目指していました。

バレーボールにドッジボールに大縄跳び・・・

aIMG_6125.JPG aIMG_6205.JPG aIMG_6212.JPG

応援もアツかった〜

aIMG_6160.JPG aIMG_6167.JPG

2種目制覇の社会福祉研究科

aDSCF0193.JPG

バレーボール・ドッジボールを制したのはどちらも同じ社会福祉研究科チーム。普段目立たないだけに他のクラスからは「あのクラスどこ?」などとささやかれていたとかいないとか・・・
大縄とびを制したのはこども保育学科の1年A組。体力とチームワークで圧倒的な強さを発揮し、他のクラスを驚かせていました。

これから各学科実習などが始まります。他のクラスとの交流もできて、日頃の学習のストレスも発散(?)できて、充実した一日だったのではないでしょうかバスケットボール
posted by nifis blog at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月28日

卒業生の赤ちゃん!

こども保育学科の高橋です。
トキのきょうだいびなが3羽とも巣立ったそうで、すばらしいことですね。

さて、先日のできごとです。

 卒業生が二人、赤ちゃんを連れて遊びに来てくれました。
教員室は、託児所のようです。
 おばあちゃん気分で、いそいそとおもちゃを出してきたら、どうやら気に入ってくれたようです。

aDSCN3848.JPG

いつも感じるのですが、本校卒業の若いママたちは、やはり子育て上手!
とても落ち着いて、ゆったりと赤ちゃんに接しています。さすが!
 少しは、私が教えた乳児保育も役立ててくれているのかな?
 赤ちゃんが可愛くてたまらないといった母親ならではの幸せそうな表情は、本当に温かみに満ちて美しいものです。

aDSCN3849.JPG

 また、こうして卒業後も赤ちゃんを見せに学校に足を運んでくれるなんて、なんとも嬉しいじゃありませんか!ま、第二の実家みたいなものなのでしょうか?
 私もすっかりおばあちゃん気分を満喫です。

aDSCN3852.JPG

 おっと、良い箱がありました。いないいないー・・・

aDSCN3854.JPG

 ばーっ!!

aDSCN3855.JPG

 そうそう、子どもは身近なものでよく遊ぶものなのですね。
 この箱は、このあと自動車として活躍しました。
子どもにとっては、箱が車になったり、テーブルやベッドになったり、秘密基地になったりします。このように物を何かに見立てたり、イメージを膨らませて遊ぶことは、とても良いことなのです。

aDSCN3859.JPG

 ふふふ、二人は兄弟!いいですね!! じゃれあって成長していきます。
 二人の卒業生は、ママ友でもあります。学生の時から知っているので、ママ友にありがちな難しい気兼ねもなさそうです。何よりですね。廊下では、後輩達が代わる代わる赤ちゃんを抱っこして「かわいい!」を連発していました。また、待っていますよ黒ハート
posted by nifis blog at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月22日

介護1年生「内野三川源流親子巡礼」に参加

内野中学校で昨年から開始された「内野三川源流親子巡礼」は内野地区を流れる3つの川、新川、広通り川、西川の源流を訪ねるというプロジェクトです。
特に新川は先人が苦労して作った内野が誇る人造の川なのです。

「巡礼」の意味は川の景観をたどりながら、「ご先祖があって今の自分がある、感謝しながら、生きる希望をはぐくんでいく」ということです。

内野中学校から依頼があり、5月12日土曜、このプロジェクトに介護福祉学科1年生が参加してきました。今年のコースは広通り川の源流をたずねるものでした。風は強かったものの、晴天に恵まれみな元気に10キロの道を完歩しました。

以下参加した介護1年生の体験記です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

まずは内野中学校出発。
a1syuppatsuDVC00196.jpg

バスに乗せられ拉致されました(--;)今後の過酷さを知る余地もなく…
a2busniDVC00173.jpg

バスのなかでうとうとしてたらバスから降ろされました。ここは巻?!
どうしたらいいのかわからないまま、中学生と一緒にばらばら出発です。
a3orosaremakiDVC00174.jpg

出発地点。まだ笑顔です。
a4egaoDVC00197.jpg

中学生も、地域の人たちも心をひとつに頑張っています。
a5kokorohitotsuDVC00198.jpg

土手道をひたすら歩きます。寒いです。
b6dotemichiDVC00178.jpg

中学生も頑張っています。
a7ganbaruDVC00181.jpg

ひたすら歩いて午後4時前、ようやくゴールに到着です位置情報
a9youyakuDVC00185.jpg

ここがゴールです
a10goaldesuDVC00186.jpg

イベントの旗です。
a11eventhataDVC00184.jpg

道々、中学生と談笑した1年生は、疲れたといいながらも楽しそう・・・・
中学生に本校男子学生のファンも生まれ、2年前本校で開催された「がっとな内野」の参加者も多数おり、この行事をきっかけに中学校との距離がまた近くなったようですかわいい
posted by nifis blog at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月21日

部分日食!

5月21日朝、部分日食をみようとピンホールの投影を写真に撮ってみました。

7:36AMころ最大食近くの時刻です。
bDSCN3869.JPG

細い眉状になっているのがやっとみえます。
日食めがねで見た感じでは「もうちょっとでリングになりそうな」ところが印象的でした。
野口
posted by nifis blog at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月15日

介護劇「ヘルプマン」の演技指導

今年の学園祭は7月7日土曜日に決まりました。
介護福祉学科では2年生が恒例の介護劇「ヘルプマン」に挑戦します。
先日、新潟市在住で演劇関連の仕事をされている小林へろさんに指導に来ていただきました。

指導を受けた学生の感想です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
発声の仕組みの講義をきいたり、実際に腹式呼吸をやってみたりと演技技術を1時間学んだ。
講義と実技を交えながら行ったので、楽しかった。

aIMG_6082.JPG aIMG_6083.JPG aIMG_6090.JPG

今ヘルプマンの演技の練習をしているが、発声や役作りに苦悩していた。
だが、今日の小林さんの指導で何か心につかめたものがあった。
まだまだ完成には遠いが、小林さんが言ったように悩んで悩んで最後まで詰めていきたい。
スタッフも役者も全員で良い作品に近づけるように頑張っていきたい。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2年生みなさんの演劇つくりに期待します演劇
posted by nifis blog at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月14日

こども保育学科2年生 施設実習特別講演

晴れて気持ちのよい日になりましたね。
こども保育学科の梨本です。

 さて、2年生は、6月に初めての施設実習に行きます。保育所での実習と違い、「施設ってどんな所?」という人がほとんどでしょう。1年生の時に見学には行きましたが、まだまだわからないことだらけです。
 そこで先日、本校の卒業生の施設職員の方に来ていただいて、お話を聞きました。
新発田市にある 障害者支援施設 緑風園の支援員 小島 和幸 さんです。

aIMG_6068.JPG aIMG_6051.JPG

本校の学生だった時に、実習にいった際のエピソードから具体的に話していただき、学生は「そ、そんなことが!」と興味津々で聞いていました。内容は・・・ナイショです。
今の施設で働く中で起きた出来事や、他にもパワーポイントを使って施設の様子などを見せていただき、とっても参考になりました。講演前は「90分ももつかなぁ」と言っていた小島さんでしたが、時間が足りないくらいでした。

aIMG_6055.JPG aaIMG_6056.JPG aIMG_6059.JPG

 それでも、実習は実際に行って学ぶしかないことだらけなのですが、2年生はお話を聞いたことで、「先輩もみんな通ってきた道なんだなぁ」と感じて、がんばれるのではないかと思います。
 私たち教員も、卒業生がそうやって立派にお仕事を続けている姿をみることができて、とてもうれしかったですかわいい
posted by nifis blog at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月09日

ニフィスの掲示板は5月

さわやかな5月
上着もいらない天気になってきました。

ニフィスの掲示板は5月もようです。

aIMG_6031.JPG

こども保育2年生が作りました。
青虫のジャバラの形が折紙で本当らしく表現されています。
まわりにはたくさんのおいしそうな食物が!!
青虫さんがパクパク食べる季節ですねファーストフード

よい気候のなか、勉強がんばっていきましょうexclamation
posted by nifis blog at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月07日

「つくしはスギナのお花」

長かった連休、みなさんいかがでしたか?
また気を引き締めていきましょう。

さて、春のスケッチをお届けしましょう。

 長かった今年の冬、しかし、時の移ろいは確かに春を運んできた。
そんな春を喜び、通勤途上で見つけたつくしを手折り、活けてみる。
水仙、椿とあしらうが、何かなじまない。
水仙や「うらしま椿」があでやか過ぎて、つくしの存在が消されてしまっている。
ふと、思いついて、学校の裏庭の芽吹いたばかりの紫陽花の一枝と取り合わせてみた。
グッド、グッド!!

aDSCN3827.JPG

 東北に生まれ育った私は、春が来るのが大好きだった。
母もおそらく同じ思いだったのだろう。陽光が柔らかくなると、私たち姉妹にお弁当を作って野原に誘い、様々な春の花や景色を楽しむのが恒例だった。
 そんなときの母の口癖が「つくしはスギナのお花なのよ。」
ひょうきんだが、全く花という感じのしないつくしに、ただ「そうなんだ。」と聞き流していた私たち。

 つくしの生命力はすごい。野原や土手はいうまでもなく、道路と塀のほんの数ミリにある土の部分にも、自分たちの子孫を増やしていく。
 水仙やうらしま椿」など、人の手によって改良され、守られてきた園芸種の華やかさとは比較にならないほど地味なその花が、一本一本すっくと立つ様には、誰にも媚びることのない潔さがある。厳しい自然を受け入れ、大切な命を引き継ごうとする真摯さがある。

 つくしが水仙やうらしま椿と競い合い、「私は水仙やうらしま椿と同じ。」と主張し、他の花になろうとして、かなわぬことに大切な命を費やすのは愚かなことだと思う。
 つくしはむしろ、自らの力でたくましくその人生を生き抜いてきたことを誇るべきだ。
この選択がおそらく、人の生き方を定める重要な分岐点となる。
 
 母の「つくしはスギナのお花なのよ。」という口癖は「人間が分相応に生きることの大切さ」を教えてくれたのではないか黒ハート

介護福祉学科専任
小野田 梢
posted by nifis blog at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月01日

姉妹校3校合同学生サミット

こんにちは。介護福祉学科の斎藤です。

連休の真ん中、5月1日になりました。
暑いくらいになってきましたが、皆さん、いかがお過ごしですか?

さて、ニフィスの介護福祉学科では、これまでも様々な地域活動や学校行事を積極的に行ってきました。24年度からは更に新しい企画を姉妹校(新潟医療福祉カレッジ、長岡こども福祉カレッジ)と連携してスタートさせることになりました。

その新しい企画のひとつが、3校合同で実施される「合同学生サミット」です。
同じ目標を持って学んでいる姉妹校が合同で学び、交流し、これからの福祉について語り合う場をつくりたい、という趣旨で企画が始まっています。

先日4/20(金)には、「合同学生サミット」第1回の実行委員会が長岡こども福祉カレッジで開催され、学生実行委員の顔合わせ、役員の選出、開催内容の検討などについての話し合いが行われ、「参加する学生皆が、楽しく交流しながら学べる行事にしたい」という方向でまとまりました。

aIMG_6013.JPG

今後は彼ら実行委員会が中心となり、8月7日の大会本番に向けて本格的な準備が始まります。本ブログでも、サミットの進行状況については随時報告を行って行きたいと思います。
ぜひご注目くださいNEW次項有
posted by nifis blog at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記